ホテイアオイと春鹿蔵祭り

この15年、週に一回以上本社がある奈良に行くのに、この蔵は未だ訪れる機会がなかった。

やっとタイミングがあったのだけど、人人人で、

ぐるっと回って帰って来ました。

も一度ゆっくり回りたいなあ。

春鹿へ行く前に本薬師寺跡のホテイアオイを観に行きました。こちらも人が多かったけれど、美しい色合いにこころ癒されました。

帰りに平宗の柿の葉寿司を買い求めました。

美味しかった!

f:id:donmairiki:20180918071925j:image
f:id:donmairiki:20180918072148j:image
f:id:donmairiki:20180918072144j:imagef:id:donmairiki:20180918072148j:imagef:id:donmairiki:20180918072148j:imagef:id:donmairiki:20180918072144j:imagef:id:donmairiki:20180918072144j:image
f:id:donmairiki:20180918071931j:image
f:id:donmairiki:20180918072015j:image


f:id:donmairiki:20180918071947j:image
f:id:donmairiki:20180918071943j:image
f:id:donmairiki:20180918071958j:image
f:id:donmairiki:20180918071938j:image
f:id:donmairiki:20180918071928j:image
f:id:donmairiki:20180918071955j:image
f:id:donmairiki:20180918071918j:image
f:id:donmairiki:20180918072008j:image
f:id:donmairiki:20180918071921j:image


f:id:donmairiki:20180918071951j:image
f:id:donmairiki:20180918072005j:image
f:id:donmairiki:20180918072011j:image
f:id:donmairiki:20180918072323j:image

 

玉村 豊男 村の酒屋を復活させる 田沢ワイン村の挑戦 (集英社新書)

f:id:donmairiki:20180911192256j:image

 

引用から

長野県東御市田沢地区。このままでは増え続ける「過疎の村」のひとつになりそうな地域が今、静かで力強い変化を経験している。一軒の酒屋を復活させるプロジェクトが、地域再生を呼び起こしはじめたのだ。著者は「千曲川ワインバレー」で「ワイン県」としての長野を一躍有名にし、現在も地に足のついた農村生活を広める稀代の実践者。地域起こしの実情、その展望や固有の課題、ビジネスチャンスなどを詳らかにする、定年後に「田舎暮らし」を始めたいと思っている人へのインスピレーションも満載の一冊。

 

 

いいねえ! ワイナリーのオーナー! 自分の怠惰は棚に上げといて、 できるものならファーマーになりたいと思ってしまった。 空き家問題の勉強にもなった。 クラウドファンディングもわかりやすい。 「農家は夜逃げできない」ということにも、納得。 それにしても、あのヴィラディストの風景を見てきたから、読んでいて臨場感がありおもしろかった。

ことばはナイフ、伝え方次第で用途がかわる。

社長に貸していただいた本。 言葉を生業にしているのだから、分かりきっている内容ではあるが、実践できているかと言えば、全くである。日常生活や職場ではなおさら。意識しないとあかんな。深く反省します。

f:id:donmairiki:20180808074301j:image

奈良 酒二景

仕事で奈良には月に4.5回は行く。

仕事なので観光は全くできないが、

たまに奈良の夜を楽しむ。

居酒屋で飲む奈良の地酒が美味い。

ひと夜は  杉ヶ町

ひと夜は 角振町

 

f:id:donmairiki:20180806071433j:image
f:id:donmairiki:20180806071438j:image
f:id:donmairiki:20180806071429j:image
f:id:donmairiki:20180806071443j:image