播磨日本酒プロジェクト 新酒お披露目会

青い青い晴天空の下、夢前町前之庄 壺阪酒造さんで

の「播磨日本酒プロジェクト 新酒お披露目会」に参加してきました。

 

壺阪さんの熱い物語を聴きながらの蔵見学。

「繁栄より維持」と強く語りながらも、新しいことへのチャレンジ力にはいつも感動します。

 

蔵見学のあと、播磨食材をたっぷり使ったランチは、「狸食」からはじまりました。

 

「戦国期に播磨・備前・美作(みまさか)の守護として勢力を誇った赤松氏の存在。弘治元(1555)年、赤松氏の居城置塩(おじお)城で、城主赤松義祐(よしすけ)が飾西(しきさい)郡の領主、才伊三郎を招いて開いた宴席の際に出されたという料理「狸食(たぬくい)」
 一見すると、ただ白いご飯が入っただけの茶碗(ちゃわん)と、すまし汁。本当に宴席で出された料理なのか? と思いながらご飯を割ると中からコンニャクや大根、高野豆腐、ゴボウなどが顔をのぞかせる。これに薬味とともにすまし汁(だし)をかけて味わうというものだ。
 狸に化かされたような心地で食べると、中から総菜が出てくることから「狸食」。」(以上は産経新聞から抜粋)

 

他にも、肴の一つに坊勢島の漁師前田さんが引いてきた立派なヒラメのお刺身と昆布じめ!ゆでたてのタケノコ!えびの唐揚げ、ゆでたものに、生!

 

そして!夢前の土、稲ワラ、籾殻と雪彦山間伐材釉薬に使った丹波立杭焼の陶芸家が作る酒器で、酒米辨慶と壺坂酒造の蔵付き酵母で仕込んだ新酒の「呼應(こおう)100年」を味わいました。去年の米づくりの苦労を飯塚さんからお聞きしたので、いっそう貴重なお酒に感じられました。

素朴ではありますが、優しい味わいのあるお酒でした。

 

大好きな【愛山1801】と【播磨古今】も飲ませていただき大満足!

 

心底気持ちのよい会でした。

スタッフのみなさま、ありがとうございました!

f:id:donmairiki:20190414151913j:image
f:id:donmairiki:20190414151806j:image
f:id:donmairiki:20190414151832j:image
f:id:donmairiki:20190414151841j:image
f:id:donmairiki:20190414151924j:image
f:id:donmairiki:20190414151909j:image
f:id:donmairiki:20190414151722j:image
f:id:donmairiki:20190414151810j:image
f:id:donmairiki:20190414151920j:image
f:id:donmairiki:20190414151903j:image
f:id:donmairiki:20190414151744j:image
f:id:donmairiki:20190414151934j:image
f:id:donmairiki:20190414151815j:image
f:id:donmairiki:20190414151836j:image
f:id:donmairiki:20190414151929j:image
f:id:donmairiki:20190414152005j:image
f:id:donmairiki:20190414151948j:image
f:id:donmairiki:20190414151944j:image
f:id:donmairiki:20190414152014j:image
f:id:donmairiki:20190414151823j:image
f:id:donmairiki:20190414152045j:image
f:id:donmairiki:20190414152026j:image
f:id:donmairiki:20190414151956j:image
f:id:donmairiki:20190414151952j:image
f:id:donmairiki:20190414152009j:image
f:id:donmairiki:20190414151730j:image
f:id:donmairiki:20190414151717j:image
f:id:donmairiki:20190414152000j:image
f:id:donmairiki:20190414151757j:image
f:id:donmairiki:20190414151916j:image
f:id:donmairiki:20190414151749j:image
f:id:donmairiki:20190414151847j:image
f:id:donmairiki:20190414151854j:image
f:id:donmairiki:20190414152030j:image
f:id:donmairiki:20190414151726j:image
f:id:donmairiki:20190414151739j:image
f:id:donmairiki:20190414152035j:image
f:id:donmairiki:20190414151819j:image
f:id:donmairiki:20190414151735j:image
f:id:donmairiki:20190414152040j:image
f:id:donmairiki:20190414152022j:image
f:id:donmairiki:20190414151712j:image
f:id:donmairiki:20190414151850j:image
f:id:donmairiki:20190414152018j:image
f:id:donmairiki:20190414151753j:image
f:id:donmairiki:20190414151939j:image
f:id:donmairiki:20190414151827j:image
f:id:donmairiki:20190414151859j:image

お昼ごはんと晩ごはん

f:id:donmairiki:20190412073112j:image

こういうのたまにがっつりいきたくなる。

昨日もちゃーんとお昼ごはんを

いただくことができました。

決まった時間とはいかないけれど、

出来るだけ。

やろうと思えば出来るじゃないか私。

夜は遅くなりました。

奈良本社からの帰宅で遅い晩ごはん

スプリングバレーブルワリー

on the cloud

爽やかー❣️

f:id:donmairiki:20190412074942j:image

 

室津七曲りから日生、備前海の駅

お彼岸です。

墓参りのあと、

毎度の買い出しドライブコース。

御津町室津港、相生港、日生の街から備前海の駅へ。

御津町では、まだ綾部山梅林が開かれていて、そのふもとの菜の花畑が見事でした。

室津七曲りからの海の景色はいつも楽しみ!

山桜もちらほらと咲いていて、春を感じます。

 

お目当ての魚や野菜をたくさん買って帰りました。

f:id:donmairiki:20190322072014j:image
f:id:donmairiki:20190322072455j:image
f:id:donmairiki:20190322072042j:image
f:id:donmairiki:20190322072025j:image
f:id:donmairiki:20190322071958j:image
f:id:donmairiki:20190322072030j:image
f:id:donmairiki:20190322072038j:image
f:id:donmairiki:20190322071952j:image
f:id:donmairiki:20190322072003j:image
f:id:donmairiki:20190322072100j:image
f:id:donmairiki:20190322072052j:image
f:id:donmairiki:20190322072448j:image
f:id:donmairiki:20190322072437j:image
f:id:donmairiki:20190322072056j:image
f:id:donmairiki:20190322072009j:image
f:id:donmairiki:20190322072046j:image

 メリル・ストリープ プラダを着た悪魔

f:id:donmairiki:20190320073243j:image

ほんまに最後まで期待いっぱいで観てきたのに

裏切られたなぁ。

しかし!

メリル・ストリープ演じるミランダは素晴らしい。

自分の憧れてやまないものだ。

 

以下は我が社のミランダの「シネマ365日」をそのまま転載。

 

#######


元気女子に乾杯 
 「男前」特集の大トリはメリル・ストリープです。ほんと言うとね、この人のこと、好きとかキライの範疇に入らない女優なのよ。富士山みたいなものです。「神々しい山だ」と言われたら(そうだな)と思うし「日本の象徴だ」と指摘されると(なるほど)とうなずく、「文化財だ」との判断には(ごもっとも)と同意する。つべこべ言う前に「匙を投げる」しかないところがあります。メリル・ストリープは来日しても気軽にテレビのインタビューに出演するし、機知とホスピタリティにあふれた対応はまったく付け入る隙がありません。彼女くらいの経歴になると本の一冊くらいは出ていてもおかしくないのにそれもない。彼女にとって演技する以外はすべて余事なのである。私生活は安定し公私ともにトラブルがない。つまらない揉め事で時間を奪われるのはかなわないから、予期される「トラブルの芽」を注意深く摘んでいるように見える。仕事に集中できるよう細心の周辺整備を欠かさない。それは周到な配慮というより、動物が備える本能的な狡猾に近い▼本作「プラダを着た悪魔」のヒロイン、ミランダも狡猾であることにかけては人後に落ちません。セコイずる賢さではない。彼女の狡猾は哲学と同義語です。感情ではなく私利私欲でもなく、自分が位置する公的立場の「意見の正しさ」でミランダは勝負する。こういうシーンがありました。新入りの助手アンディ(アン・ハサウェイ)が、ミランダがスタッフと打ち合わせしているとき、メモを取りながらクスっと笑う。なにがおかしいのかとミランダが聞く。「わたしには二本のベルトは同じに見えます。こんなのは初めてで」「こんなの?」ミランダの目がピカっと光る。「オーケイ。あなたには関係ないことよね」と静かなほほ笑みで受け止め、こう続ける「あなたは家のクローゼットからその冴えないブルーのセーターを選んだ“わたしは着るものなんか気にしないマジメ人間”ってわけね。でもその色はブルーじゃない。ターコイズでもラピスでもない。セルリアンよ。あなたは知らないでしょうが、2002年にオスカー・デ・ラ・レンタがその色のソワレを、サン・ローランがミリタリージャケットを発表、セルリアンは八つのコレクションに登場したちまちブームになり、全米のデパートや安いカジュアルの店でも販売された。あなたが購入したそのブルーは巨大市場と無数の労働者の象徴よ。でもとても皮肉ね。あなたがファッションと無関係と思ったそのセーターは、そもそもここにいるわたしたちが選んだものよ。こんなの、の山からね」▼アンディは業界のトップビジネスを支配するミランダの、プロフェッショナルとしての造詣になぎ倒されます。メリルはこの映画でセリフを終始ささやくような低い声で言っています。前述の長いセリフも抑揚のない語気と冷たい視線でニコリともしないで述べる。無数の労働者のひとりとして、自力で築き上げた業界のトップランナーとして「こんな」と言われた一言の軽さが彼女には許せない。相手がミランダからすればとるに足りない新入りの助手であろうとズブの素人であろうと、獅子は兎を倒すにも全力をあげる。脚本のアライン・ブロッシュ・マッケンナは自分が思う以上のミランダをメリルは造型した、彼女の演技をみて初めてミランダという人間がわかった気さえしたとどこか答えていました。多分に「主役褒め」が入っていたとはいえ、メリル・ストリープのただならぬ役へのアプローチというか、イメージの像を結ぶ力というか、それは理解とか解釈を超えた、心眼というものによるのかもしれません。そんな神がかり的な言辞をつい弄してしまう腹立たしい女優でもあります▼「たいへん!」ミランダの電話を受けたチーフ・アシスタント、エミリー(エミリー・ブラント)が顔色を変えます。定刻より早く本社ビルの玄関に、ミランダのリムジンが横付けされたのです。「戦闘態勢に入れ!」デザイナー、ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)の指示が飛ぶ。バタバタとデスクまわりを整頓する、ドタ靴をピン・ヒールに履き替える、サンプルの衣装を持ちファッショナブルな女たちが形相を変えて走り回る。ミランダが姿を現し歩きながら質問する。答えに対し「あなたの無能のいいわけはけっこうよ。シモーヌに伝えて。あのモデルはサイテー。どこが筋肉質で清潔? 不潔な肥満体よ。パーティは出席。運転手に伝えて。会場へ9時半到着、9時45分退出」。アンディは鬼のようなミランダの酷使にネをあげナイジェルに訴える。「必死で努力しているのに認めてくれない。ほめてくれない」ナイジェルは言う。「じゃ辞めろ。君の代わりは5分で見つかる。君は仕事をしていない、愚痴を並べているだけだ。ミランダは自分がやるべきことをやっている。君はわれわれの〈ランウェイ〉をただの雑誌だと思っているのか」そう思っている、だから「こんな」という言葉が出るのだ、とナイジェルは指摘したのと同じだ。アンディは言葉に詰まって返答できない。≪ランウェイ≫とは「単なる雑誌以上にエレガンスと気品の道標だ。ミランダはその守護神として世界の人々に美の基準を示してきた」そんな気持ちで打ち込んできたナイジェルやミランダとの、仕事に対する愛とスピリッツの相違にアンディは打ちのめされる▼もっと若い感性と安い人件費でという名目のもと、ミランダ追い落としの陰謀があることを知ったアンディは、必死でミランダに知らせようとする。ミランダのほうが先に感づいていていちはやく手を打ったのですけどね。エンドはしかしこうなります。一年もたたずアンディは〈ランウェイ〉を辞める。私生活がめちゃめちゃになった、恋人とも別れた、ミランダは二度目の離婚だと聞いた、こんなの人間の生き方じゃないわ…そして新聞社へ求職する。責任者がアンディの前職に問い合わせるとミランダ本人がファクスで回答してきた。「彼女ほど期待を裏切られた助手はいません。もし彼女を採用しなかったらあなたは大バカです」。アンディはめでたく就職し恋人とも復縁、物書きとして再出発する。でもここで首をかしげた人いない? じゃなんのためにアンディは〈ランウェイ〉に就職したわけ。一時の小づかい稼ぎか。そういえば給料が安くて人使いが荒いと愚痴っていたわね▼志が低いわ。そこでもう第一線脱落よ。新聞社でも同じこといいだすわよ。成績優秀なのだから始めから新聞社を受ければよかったのよ。そもそもアンディには(ファッション誌なんか)という見下し目線があったじゃないの。劇中みるみる垢抜けたいい女になって目を見張らせてくれたのに、それも結局「私には向いていないのよ、大学をトップで出たわたしに〈こんな〉仕事は不向きだわ、問題を社会に問う職場がわたしの居場所よ」となった。おまけに恋人に「許して。わたしはともだちや家族、自分の信念に背を向けていたわ」。価値観はひとそれぞれだからといえばそれまでだけど、アンディの前向きな変身に(おお、頑張れよ)といっしょになって応援する気になっていた観客の、特に仕事する女たちの思いとしてはみごとに肩すかしであろう。ヘンな妥協なんかアンディにさせるから、女に対する最後の一撃が社会では待ち構えているのよ。すなわち「なにをやらせてもしょせん女」。この現実をわかっていた人、製作者や監督や脚本家や女優たちを含め何人いたでしょう。見終わったあと「あんた、世界的企業のトップを狙えるポストが目の前にあるときに、どうする?」「棄てるのはケータイじゃなく男のほう」「あの子(アンディのこと)おかしいよね」なんて、映画館をでながらぶつぶつ言っていた市井の、無名の女たちこそが肌感覚で、この映画にある甘さがわかっていたのでしょうね。「男前」は彼女たちだな。いつの世も、しっかり前を見て歩くクールな元気女子に乾杯。