門林エコファーム収穫祭

し先日の日曜日、「ウーマンライフ大阪まんなか版」でお世話になっている「高麗橋 桜花」さんのお誘いで

河内長野の「門林エコファーム」さんでの収穫祭に行ってきました。

総勢60人以上の参加者とスタッフの料理と酒のふるまいに酔った至福の時間を過ごさせていただきました。

f:id:donmairiki:20171115093440j:image

f:id:donmairiki:20171115094052j:image

スタッフのみなさんには

大感謝!

f:id:donmairiki:20171115094130j:image

  f:id:donmairiki:20171115094228j:image

食べたことないくらい

美味しかったよ!

 

これが犬鳴きポークだ!

f:id:donmairiki:20171115171429j:image

続くは、鴨難波!

f:id:donmairiki:20171115171522j:image

 何とゼータク!あん肝のカナッペ !

f:id:donmairiki:20171115171624j:image

絶品!イチヂクバター!

f:id:donmairiki:20171115171906j:image

秋のひとときを、穏やかに過ごしました。

f:id:donmairiki:20171115172149j:image

 f:id:donmairiki:20171116100738j:image 

 

 

 

 

読書記録2017年10月

10月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:491
ナイス数:25

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)それでもこの世は悪くなかった (文春新書)感想
もう、この人の言うことなら、そうだそうだと拍手喝采。
読了日:10月31日 著者:佐藤 愛子
夕映え天使 (新潮文庫)夕映え天使 (新潮文庫)感想
なんとなく、軽いものをよみたくなって、手に取ったけど、人生は終わりなき哀しい旅やなぁと、当たり前のことを感じた。
読了日:10月15日 著者:浅田次郎

読書メーター

今宵も月に誘われて、高砂へ。

どんなけ好きやねん、と言われそうですが、
後バルよろしく高砂万灯祭へ出かけてきました!

町中がやわらかな光とジャズに包まれていました。
また今宵の月が趣きがある。
銀座本町の商店街から、ヨットハーバー、高砂神社、申義堂、十輪寺とぐるり散策。

下村の焼き穴子に舌鼓、かき幸では今年初の土手鍋
お腹いっぱい。

とてもゆったりと格別な時を過ごした夜でした。







㊗️高砂 旬の会 35周年!

昨日は荒井の忠助さんで高砂 旬の会 がありました。
なんと35年です。
最高に盛り上がった記念すべき会になりました!





高麗橋 桜花にて

月に一度の取材も、11月は満を持しての「天王寺蕪
森田さんのお料理もますます冴え渡ります。
シンプルかつ豪華。
蕪蒸しのお出汁は、最高でした。
今日は女将さんの選ばれたお酒が、またまた絶品でした。
豊下さん作、勝間南京のサラダも類稀なる美味しさでした。









劇団ここから公演

台風と選挙の真っ只中
劇団ここからの第32回公演「クリスマスの夢」
(戸野本和久・演出  ナジェージダ・プトゥーシキナ・作)が上演された。
大変な状況にもかかわらず
200名近い方々に来場いただき
多くのあたたかなメッセージもいただき
素晴らしい公演だった。
スタッフとして、カゲアナというかMCや楽屋の手伝いを当日少しだけだがさせていただいて、
かぞえると、もう14年になる。
思いがけず、長いつきあいになった。
それだけこの劇団が、歩み続けてきたということ。
気を衒うこともなく、ただただ地道に弛まず
仕事や家事と折り合いをつけながら、
継続してきた劇団員のメンバーには頭が下がる。
年一度当日だけのスタッフを受け入れていただいている。
嬉しく、心からの感謝。
今年も無事終了できたことに感謝。
来年もまたやりぬきたいと願う。




河内ワイン

今日は夫の実家に新米を届けに
大阪までドライブ。
帰りに羽曳野の河内ワイン館へ。
二上山の麓にワイナリーがあります。
この辺りは昔からワインを醸していたところ。
丁寧に工事を案内していただき、
嬉しい試飲もあって、
すごく充実したひとときでした。
毎度のことですが、運転手の夫は試飲できませんでしたが、お店の方がぶどうジュースを振舞ってくださいました。