酒と涙と男と女

第四百十六回 旬の会

この会の素晴らしいところは、老若男女にかかわらず 参加者に謙虚さと矜持とがありながらも、ひとりひとりが乙な人間であることか。緩いといえば緩い関係のなかで、非常に、ここは強調、非常に酒が好きという、はっきりいって、ただの呑兵衛の集いなのである…

春のお料理

昨夜は取材の後そのまま桜花さんでお料理をいただきました。春の香りがいっぱいのお料理でした。美味しくいただきました。 酒は「遊穂」(花さかゆうほ) 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり。 春らしいお酒に大まんぞくでした。 豊下さん、森田さん、ありがと…

金呑会

外せない仕事があったので、大幅な遅刻。 しかし、いつもながら忠助の料理は美味しいよー! 懐かしい顔も拝めたし まんぞくまんぞく(*^◯^*) 今日の月は明るく 希望感じる宵でありました。